×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カリモク60はレトロ家具のブランド?

カリモク60と聞いて家具のブランドと分かりましたか?カリモク60は大手家具メーカーのカリモクが1960年代のカリモク人気家具を復刻し、カリモク60として売り出した家具のブランドなんです。今から50年程の前の家具となると古くさいと思われるかも知れませんが、レトロブームの中、レトロ家具に対する人気はすごいものがあるんです。カリモク60という家具のブランドまでに成長したことがこれを物語っているでしょう。カリモク60が提案しているのは単なる60年代家具への復刻ではなく、60年代の家具の復刻版にさらに機能性を加味して届けるということではないでしょうか。
カリモクは1962年に洋風家具の生産を開始して、今では多くのカリモク家具ファンがいる家具メーカーとしてスタートしたんですよ。60年代のカリモクの家具に対する思い入れがカリモク60という復刻版のブランドとして定着したのです。レトロ家具の魅力はいっぱいあります。家具は人に安らぎ、暖かさを与えてくれます。カリモクが提案するところの普遍性を持った、癒しになる家具があるとしたら、カリモク60が届けてくれる60年代の復刻版ではないでしょうか。

カリモクとはどんな家具メーカー?

カリモクとは高級家具から学習机まで主に家庭向け家具を製造・販売する家具の最大手メーカです。カリモクという社名は刈谷木材工業の略称ですが、もともと河合楽器、アイシン精機、三洋電気の木工製品を下請けして、このころの高度は加工技術が今日のカリモクの家具作りに活かされているのですね。
1988年から1991年までビッグコミックスピリッツで連載された「ツルモク独身寮」という漫画のモデルになったのがカリモクなんです。カリモクの家具の特徴はその高度な加工技術を活かした作りで、全国にカリモクファンが多いのですね。カリモクは高級家具メーカーとして知られており、ソファー、チェアー、食器棚から学習机まで多種多様の家具を揃えています。カリモク家具に共通することは、デザインがシンプルで暖かみのある色合い、落ち着いた雰囲気を醸し出しているところでしょう。
カリモクの家具がこんなにも人気があるのは、洋風でモダンな家具だからではないでしょうか。特にカリモクのソファーは一番人気の家具といえます。チェアー、スツール、長椅子と種類も多く、革張り、布張りの中から、自在に選べます。カリモクのソファーはゆったりとした時間を与えてくれ、自分だけの世界へ導いてくれます。

カリモク60kチェアは人気抜群!

カリモク60の復刻版家具の中でも特に人気なのがkチェアですね。カリモク歴代限定アイテムとして、2005年7月にカリモクkチェアリミテッド、2006年1月にkチェアVol1.2、2007年2月にkチェアvol1.3、2007年10月にはkチェア45周年誕生記念アイテムが発売されるなど、カリモク60kチェアは引っ張りだこの様相です。kチェアの色もモケット布地の赤から、ナチュラル&モダン、パーマネントフラワー、モケットブラウンへとkチェアの特徴を出しています。
カリモク60kチェアがここまで人気化したのは、60年代の郷愁への憧れという時代背景に、カリモクの高い技術力、独自性、そしてコストパフォーマンスを余すことなく家具に詰め込んだことでしょう。人気のkチェアは4種類の色に限定し、耐久性やデザインを損なうことなくノックダウン法を取り入れ、価格的にも買いやすいイメージにしたことですね。カリモク60の売れ筋ランキング1位はカリモク60kチェア2シーターブラックだそうで、価格も5万円以内と、復刻版を欲しい人には手頃な価格ですね。カリモク60kチェアのブラックは60年代から定番ということでその人気振りがうかがえます。

Copyright © 2014 カリモク60 60年代家具の復刻 プライバシーポリシー